シルバーの自動車

自動車をキレイ保つためのコーティング効果

サブメニュー

耐久度の高い皮膜

黒い車

車のコーティングにはいくつか種類があり、大きくわけでポリマーコーティングとガラス系コーティングに分けることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、ポリマーコーティングはガラス系コーティングに比べると、耐久性は落ちますが施工料金が安く済みます。それに対し、ガラス系コーティングは現在最も耐久性の高いとされているコーティングだけに、その耐久性はなんと長いもので3年から5年ほども持つと言われているほどです。そのガラス系コーティングをプロに依頼すると、雨が降ったあとでも水を弾いて落としてくれるので汚れがつきにくく、ボディ表面を整えるため新車同様の艶も手に入れることが可能です。また表面につく傷程度であれば、塗料の変わりにガラス系コーティングの皮膜が守ってくれます。

ガラス系コーティングは、塗布してから硬化までに時間がかかり、数日から1週間程度はかかると言われています。その間は、まだコーティングの皮膜表面が柔らかいので気をつけることが必要です。業者に依頼した場合には、5万円以上から10万円以上はかかります。コーティングの中では最も高い料金ですが、その耐久年数は市販で販売されているものよりも長持ちするため、自分でコーティングを行なって、再度コーティングをしなおすというよりは安く済む可能性もあります。また、ガラス系コーティングといってもその内容はそれぞれ違いがあるので、どのような溶剤を使うのか確認しておくとよいでしょう。成分によって耐久性や艶に違いがでることもあるので覚えて置きましょう。