シルバーの自動車

自動車をキレイ保つためのコーティング効果

サブメニュー

車を使った自己アピール

青い車

今やオタク文化は日本を含め世界でも広まり、オタクの聖地とされる場所にもコスプレをしてくる人は増加傾向にあります。そんなオタクの方が乗っている車には、様々なアニメキャラのステッカーが貼られていることがあります。そういった車は痛々しい車という意味で通称「痛車」と言われています。キャラの種類は豊富でボカロやアニメキャラ、ゲームキャラなど数多く存在します。サイズも小さなものでは窓ガラス貼れる程度のものから、大きいものではボディ全面に貼られていることもあります。ステッカーの他にもラッピングというものもあります。ラッピングはボディだけではなく窓ガラスを含め、車全体を覆うほどのものまで存在します。よくレーシングカーなどに描がかれているアニメキャラは、フルラッピングという車全体を覆うほどの大きいシートを使って行われています。また、簡単に付け外しができるマグネットステッカーなどもあります。

痛車のステッカーを制作する流れは、まず車種のサイズや形に合わせてデザイン制作から行われます。具体的なデザインやサイズが決まったら、使用する材質などを決めて見積もりを行ないます。支払いを先に行なうと作業開始となります。作業自体は約5営業日ほどで納品となります。ステッカーはフルカラーで制作され、鮮明な色合いで見る人を圧倒します。痛車文化も広まった今、同じ仲間同士でオフ会が行われることもあります。アニメ好きだけが集まる集会は、まるでサークルのような雰囲気があります。痛車を大きなステッカーを作るのであれば、制作会社に依頼して自慢の車を仕上げましょう。